(有)ホウジョウアルミ
>
藤崎孝敏油彩画ギャラリー
>
藤崎孝敏 個展
>
2017年11月 山口画廊

 

2017年11月 山口画廊  藤崎孝敏個展(全作品)

上辺の虚飾や麗容をことごとく剥ぎ落とし、真っ向から人間の本質を鷲掴みにえぐり取って、そのままカンヴァスに叩き付けたかのような画風と言えば、その類を見ない独創的な表現の一端に、触れ得たことになるだろうか。

30代初めに渡仏して、パリのモンマルトル界隈を転々としつつ、時にイタリアやスペイン等々、諸処を放流する中で、

荒々しい激情と憂愁の叙情を併せ持つ、独自の油彩画を確立する。

以後、神戸や東京のギャラリーにおける数々の個展活動を通して、熱烈なファンを生み続けて来た。

50代でパリを離れ、ベルギーからノルマンディ-を経て現在はブルターニュに在住、しかし自らの生活に根ざしたストレートな内省的表現は、所を変えても全く揺るぐ事がない。

                                      山口画廊 (一部省略)

 

ルドンの丘 3F

 

 

庭の花 4M

 

   

自画像 3P

 

ルドンの流れ 6P

 

Bernadite 4F

 

ルドンの運河 6P

 

アトリエから 15F

 

雨のプラハ 15M

 

クロードの食卓 30M

 

 

自画像 30P

 

コンカルノ 8P

 

ルドンの夕陽 8F

 

羊を搬ぶ男 20M

 

ノルマンディ 30M

 

卓上の花 10F

 

アトリエの隅 10F

 

枯れた向日葵 15M