(有)ホウジョウアルミ
>
施工写真
>
施工事例01
>
施工事例01-08

施工事例

2015年12月08日 掲載

 

【函南肥田店】築30年戸建て住宅 リフォーム工事 床張替え編(NO.4) (函南町S様邸)

 

NODA クリヤシルキーハード 12mm厚 張替え

 

建 物 戸建て
場 所 リビング・キッチン
目 的 修理・修繕
地 域 静岡県田方郡函南町
工事完了日 2015年4月20日
予 算
工 期 3日
使用した商品

 

ダイニングキッチン 床張替え工事

☆☆張替え前☆☆ 表面が経年劣化しています

 

★★張替え後★★ 表面:なら銘木単板

 

30年築の戸建て住宅です。

今は、60歳代のご夫婦と、80歳代のおばあ様でお暮らしですが、お子様たちがご成人するまでは、

お子様3人のおじい様お加えて、7人家族でした。

 

床を見ていると、お子様が小さく走りまわっている姿や、中学・高校生のお子様たちが入れ替わり

立ち代わりダイニングキッチンに顔をだし、キッチンではS様やおばあ様が頑張ってお料理している光景が

浮かんできまた。とても、穏やかなご家族なので 温かい穏やかな時間が流れる中、お子様たちは

育たれたのでは。。。。と心が温かくなりました。

 

長い間、家族を支えて来てくれた床も「経年劣化」が見られました。

はじめは、「色が剥げてきたから色を塗りたい!!」そんなご要望でした。

 

しかし、表面が摩擦で薄くなっていました。

塗装をするとなると、①まず下地処理として表面を平らにする為にサンダーで削る ②塗装を3層塗る。

 

この①の工程が問題でした。

経年劣化で表面が薄くなっている為、サンダーで削られてしまう可能性が多い! と。

 

ある所は、表面が取れてしまい、ある所は残る。

表面がぼこぼこになってしまう可能をお話させて頂き また所どころ、床の沈みが有ったので

張替えを視野に入れ検討が始まりました。。。。。

 

塗装が駄目なら。。。。。上から貼ったら?・・・・も考えました。

 ●現状の床の上から新しい床材を貼る。

 ●現状の床の上から、木目調のシートを貼る。

どれも、隣室の敷居のところで段差になってしまいます。

金物入れたり。。。削ったり。。。見た目も悪く。。。結局、段差は解消されません。

シートだと、ほんの数㎜のことですが

お年を召すと、ほんの少しの段差にもつまづいてしまいます。

住み慣れた家だからこそ、突然出来る段差に慣れるのは時間が掛かると思います。

 

床も沈んでいたので、S様は張替えをすることをお選びになられました。

家の中で一番人が集まる場所です。一番、痛みが酷くて当たり前なのかも知れません。

■■ 既存床撤去 ■■ 

根太の緩んでいたビスを締めなおす

 

システムキッチンが有る場所

 

ダイニングキッチンの「床張替え」です。

今回は、在宅リフォーム工事なので、床を半分づつ張り替えました。

 

①ガス、水道を止めて。

②システムキッチンを外して

③棚・キッチンを残りの床に移動して

④既存床を剥がします。

 

⑤床下があらわになりました。

 根太等の確認です。腐りは無いか?シロアリはいないか?イタミは無いか?

 ------S様のお宅は、基礎が「べた基礎」といい、床下を全部コンクリートで固めてある基礎でした。

    とても乾燥していて、いい状態でした。

    ただ、経年のせいで 根太を取り付けてあるビスが、緩んでいるところがありましたので、

    大工さんが全てのビスを確認、打ち直して補強してくれました!!

    床下収納庫が有った所は、根太をつけて補強しました。

 

床断熱材が、数箇所下に落ちていたので落ちないように固定しました。

 

⑥ここまできたら、、、新しい床材を貼ります。

★☆★★ 床張替え完成です!! ★★☆★

 


 

⑦半分張替え荷物を移動したら 残りの半分です。
⑧重いピアノも移動しながらの 無事貼り終わりました!!

一番 人が集う場所!!
一番 綺麗なところになりました!!

S様は、選んだ床が思っていた色でなく、はじめは困惑したご様子でしたが、
工事が終わり、本格的に住み始めたら、「表面が強くて、掃除しやすいわ!!」と
お言葉を頂き嬉しく思いました!!

S様 床張替えのときは、荷物の移動など ご協力ありがとう御座いました!!